FXを始めるには

円高やユーロ高が急速に進行してきている現在、相場がもどってしまう前にFX(外国為替証拠金取引)にチャレンジしてみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。
FX(外国為替証拠金取引)とは、為替相場の変動を利用して、外国通貨の売買を行う取引のことを指しています。
一般的にはFXのサービスを提供している業者に一定の預託金(保証金のようなもの)を預け、差金決済による取引を行います。

 

日本でFXの取引が行えるようになったのは1998年の法律改正後なので、日本でFXの取引が行われるようになったのはわずか十数年前ということになります。
この十数年の間には長らく続いた円高の時代からリーマンショック等の激動の時代、目まぐるしいスピードで発展してきたブロードバンド(インターネット)環境などを背景に、FXもその利用者を急速に伸ばしてきました。
現在では、FXは株式投資と肩を並べるほどに一般的な投資手法として浸透しています。

 

FXは株式投資と比較して少額からの投資が可能である為、FX初心者でも比較的始めやすい投資手法とされています。
しかし、昨今は為替相場が1日の間に大きく動くことも珍しくなく、きちんと事前の知識とリスク管理を徹底して行うことが必要となっています。

 

これからFXに挑戦しようと考えている人は、事前に十分な学習を積んで、まずは少額からチャレンジしてみるのが無難でしょう。